臨床倫理プロジェクト

研究開発活動

臨床倫理エッセンシャルズ

臨床倫理は、臨床現場で医療・ケア従事者が、本人(患者・利用者)や家族とコミュニケーションをしながら、医療・ケアを進めていくプロセスにおいて、「どうしたらよいか」「本人・家族にどう対応していくのがよいか」と考える営みです。「本人にとっての最善を実現すること(家族にとっても過重負担にならないなど、家族への配慮も伴いながら)」を目指し、また「本人・家族を人として尊重しつつコミュニケーションを進めよう」と心掛けるならば、そこでの「どうしたらよいか」という問いとそれに答えようとする検討は、すでに半分は「倫理的に適切」になっています。
とはいえ、後の半分、つまり「この場合、どの道を選ぶことが本人の最善を実現するか」、「どのようにコミュニケーションを進めていくことが、本人(家族)を尊重することであるか」が分からないことが多く、検討を要するのです(臨床倫理のもう一つのポイント「社会的な視点での適切さ」についても同じことが言えます)。
 臨床倫理事例検討は、個別事例についてこうした検討をする営みです。
 臨床倫理プロジェクトは、臨床倫理事例検討を適切に進める方法の研究・開発から始まったプロジェクトで、当初は「臨床倫理検討システム開発プロジェクト」と称していました。理論的に批判に耐え、臨床実践において実効性のある「臨床倫理の考え方」とそれに基づく「事例検討の進め方」が成果物ですが、1980年代後半から始まり、2000年前後に「臨床倫理検討シート」の原型ができ、考え方も事例検討の進め方も改訂を重ねて今日に至っています。まだ、これで完全だと満足して終わるに至っていません。
 本研究・開発は、臨床倫理学研究と医療現場における臨床倫理の営みの推進という実践を対にして進める、いわばアクション=リサーチです。
 研究成果を臨床現場の実践に向けてできるだけ簡略に提示しようとしたものが、『臨床倫理エッセンシャルズ』という冊子です。2016年春版が最新版で、次のようにサイトにアップしてあります。

  • 清水哲郎&臨床倫理プロジェクト『臨床倫理エッセンシャルズ 2016年 春版』
    研修会用テキスト。電子テキストのうち主要部分をさしあたって公開しました。
    次のようにいくつかに分れていますので、すべてダウンロードしてお使いください。
    【目次+第1章+第2章】【第3章+第4章】【第5章 事例検討】
    【アドバンスト編1同の倫理―異の倫理】
    本冊子刊行後、「事例検討の進め方」の「ステップ3」(今では「カンファレンス用ワークシート」と呼んでいます)に何度か改訂を加え、大きく変わりましたので、本冊子のほか、次の検討シート(最新の2017年夏版がアップされています)も併せご参照ください。
  • 臨床倫理検討シート
    医療現場で臨床倫理の営みを適切に遂行することを支援するツール。シート最新版(2017年夏版)がダウンロードできます。また、最近は「簡易版」も発表しています。
  • 臨床倫理 オンライン・セミナー
    上記『臨床倫理エッセンシャルズ』基礎編部分をさらに簡略にして分かり易くしたウェブ版です。ハイパーテキストらしくしようと建築中。未完成ですが、覗きにきてください。

本人・家族の意思決定支援

  • 《本人・家族の意思決定支援》のページ
    臨床倫理の核心は、医療・ケア従事者が本人・家族とのコミュニケーションを通して、どのようにして本人の意向に適い、かつ周囲からみても本人の人生にとって最善だと言える道を見出すかにあります。これは意思決定プロセスを医療・ケア従事者側から見た時に見える景色です。
    では、本人・家族側からはどのように見えるでしょうか。同じ景色を見つめられるように努めながら、本人や家族の側にたってプロセスを適切に進めるように支援することは、臨床倫理の活動範囲です。これは本プロジェクトの特徴ある領域なので、別ページにまとめてあります。

その他の研究成果

本研究プロジェクトの成果発表の場。現在まで4号出てます。オンライン化進行中。

臨床倫理プロジェクトが提供するサイト