臨床倫理プロジェクト

  • HOME
  • 臨床倫理プロジェクト

臨床倫理プロジェクト概要

 臨床倫理プロジェクトは、90年代後半より続く研究=実践活動です。東北大学文学研究科から東京大学上廣死生学・応用倫理講座へとプロジェクトの住所は変わってきましたが、目指すところは一貫しています。すなわち、医療・介護現場の従事者たちが、本人・家族と共によりよいケア活動を行っていくために、個別の問題をどう整理し、理解し、対応していったらよいか、考える臨床倫理の営みを学問的にも批判に耐え、実践的に実用に耐え得るものとしていくための実践的研究=研究的実践(=臨床倫理検討システム開発プロジェクト)に加えて、得られた研究成果を現場に普及していく臨床倫理セミナーや研究会活動を行っています。

  2017年度に清水が岩手保健医療大学に異動しましたので、臨床倫理プロジェクトはこれまでの上廣死生学・応用倫理講座に加え、岩手保健医療大学にも土台をもち、他の共同研究者も共に、連携して全国に広がったプロジェクトになります。本プロジェクトのウェブサイトも「臨床倫理ネットワーク日本」専用に新たに立ち上げたサイトと東京大学上廣死生学・応用倫理講座のサイトにまたがるものへと広がっています。この先、新たな活動拠点が増えるとともに、本プロジェクトのサイトも広がってネットワークになっていくでしょう。

臨床倫理プロジェクトの
研究・開発活動

臨床倫理学研究と医療現場における臨床倫理の営みの推進という実践を対にしてすすめるアクション=リサーチを進めています。
臨床倫理事例検討の進め方の開発と研修カリキュラム作成、本人・家族の意思決定プロセスを支援するツールの開発など行っています。
詳しくは 臨床倫理プロジェクトの研究・開発活動 をご覧ください。
 また、公表している研究成果・成果物については、本ページ下方の「臨床倫理プロジェクトが提供するサイト」をご覧ください。

臨床倫理セミナー・
研究会・シンポジウム等

臨床倫理セミナー(臨床倫理検討シートによる事例検討の研修)を各地でおこなっています。加えて、事例検討のファシリテータ養成、医療・介護機関で臨床倫理の活動を推進するファシリテーター養成も始めています。セミナー等のお知らせは今後、 「臨床倫理ネットワーク日本」のホームページ からご覧になれるようにして行きます。
なお、これまでの履歴については次をご参照ください。

研究プロジェクトの
研究資金

本プロジェクトは、これまで科研費や、学術振興会人文・社会科学振興研究事業、東大GCOE「死生学の展開と組織化」、最近では科研費(基盤A)、厚労省老健事業、2012年度後半からはRISTEXと、いろいろな補助金を使って、研究を進めてきています。また、2007年度以来、上廣倫理財団を出捐団体とする寄付講座である上廣死生学・応用倫理講座を土台にして活動してきました。
2017年度現在の主たる研究資金は次の通りです。

  • 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究A「臨床倫理検討システムの哲学的見直しと臨床現場・教育現場における展開」研究代表者 清水哲郎
  • 上廣倫理財団の寄付金(上廣講座交付分)の一部:上廣講座の臨床倫理プロジェクト活動

臨床倫理プロジェクトが提供するサイト