臨床倫理ネットワーク日本

ケア・プランニング/ライフ・プランニング

心積りノート

《心積りノート》は、これからの人生を快適に、自分らしく生きるために、今後の暮らし・活動・治療やケアについて心積りすることを支援するノートです。

心積りノート
  • 【考え方・書き方編】【記入編】からできています。
  • 右の図をクリックすると【考え方・書き方編】eブックが開きます(【記入編】についてはこのページの下の方をご覧ください)。
  • これまで、自分の人生の最期のところで、意思表明ができなくなる場合に備えて、「延命を目指す治療はしないでください」、「辛くないようにしてください」、「心肺蘇生はしないでください」といった意思表明をしておくための「事前指示」と呼ばれる文書がいろいろ提案されてきました。それは市販の「エンディングノート」にも簡単なものが採用されていることが多いです。
  • 《心積りノート》は事前指示と似ているところもありますが、考え方が違います。つまり、〈事前指示は〉死が近づいてきた状況で最期の時期に何をして欲しいかを予め書いて置くものですから、いわば「死ぬためのもの」です。しかし《心積りノート》は、「これからの人生をどう生きようか」と、予め計画することを支援するもので、「生きるためのもの」です。
  • 私たちは、高齢になっても出来るだけ長く元気でいようとします。衰えが始まることを先延ばしにして「健康寿命を延ばそう」とします。できるだけ延ばしましょう。

でも、若い頃と比べれば少しずつ衰えて行くことは免れません。そして、特に病気にならなくても、いつかは老いて、衰えていくことになるでしょう。次の図は、老いて衰えていくイメージを描いたものです。老年医学の専門家たちが作った、老いていく(フレイルが進む)様子をいくつかの段階にわけた 「臨床フレイルスケール」に基づいています(「老いの進み方」と「臨床倫理フレール」の異同)。

  • 途中でがんなどの生命に関わる疾患に罹らなかったとしても、この図のように老いていくわけですが、そうすると老いの進行を見越して、例えば「中度の要介護」あたりまで老いが進んだら「どのように暮らそうか」、「どういう活動ならまだできるだろうか」、「生甲斐をどう持ち続けようか」と、今から心積りしておき、できる準備はしておくほうが良いと思いませんか? 《心積りノート》はそれをお手伝いします。
  • また、元気で矍鑠(かくしゃく)としている時には、手術等々の治療が必要なら受けるつもりですが、老いが進むと「もう、後が辛くなる手術は受けなくていい」、「効果がある治療でも、治療中辛いものならやらなくていい」と思うことでしょう。そういう、老いの進行と共に変っていく治療についての希望を、今から考えておくこともお手伝いします。

《心積りノート》を読んでみたい・書いてみたい方へ

Eブックを公開します。【考え方・書き方編】と【記入編】があり、【考え方・書き方編】を読みながら、【記入編】に記入するようになっています。
【記入編】はpdfファイルをダウンロードすることもできますので、プリントアウトして、記入してみてください。

《心積りノート》【考え方・書き方編】の正誤表

急いで作ったため、沢山の誤りがあります。申し訳ありません。次のところをご参照ください。
現在は2016年4月14日までに見つかったものが掲載されています。
皆さまからのご指摘を受けて、今後もここに追加していきます。どうぞよろしくお願いします。

-->

《心積りノート》はRISTEXの研究開発プロジェクトとしての研究成果です

研究開発プロジェクト《高齢者ケアにおける意思決定を支える文化の創成》(PL 清水哲郎)は、独立行政法人科学技術振興機構JST社会技術開発センターRISTEXが実施中の研究開発領域「コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン」に属するプロジェクトです。
臨床倫理プロジェクトは、本研究開発プロジェクトとして心積りノートの開発等を行いました。
より詳しくは 【活動・成果報告概要】をご覧ください。ここには、心積りノートの概要もでています。

臨床倫理プロジェクトが提供するサイト